車を売る時の注意

車を売る時に誰でも高く売りたいですが、売りたい気持ちとは違って安い評価になってしまうこともあります。これは交渉の仕方では無くて簡単なことが原因で車の査定評価を下げてしまいますので気を付けたい原因のひとつです。

スポンサーリンク

車の査定をしてもらう時に注意したいポイント

車の掃除

車が期待無いと買取をしないと言うことはありませんし評価が極端に下がることも無いと思います。ただ高く売る為の交渉をしている時にバナナの叩き売りでは無いですが『もう一声』の1万円が出るかでないかの差になってきます。金額的には1万ですので人によっては1万円ぐらいと考える人もいれば1万円でも高く売りたいと言う人もいます。今回の車の掃除はそう言った1万円でも高く買取りをしてもらいたい人におススメの記事です。

車は貴方が売ると決めた時点で商品となります。

そうです買取に来る査定員はお客さんです。このお客さんが相場の中で5万円高く買取るかどうかは査定に来てくれる営業マン次第なのです。あなたがお店に以前から欲しい商品を買いに行った時に、商品が物凄く汚れていて店員さんも正気なのかわからないお店から買うのでしょうか?もちろんその商品が汚れていても店員が何処か遠くを見ているような店員さんでもその商品は素晴らしいのです。

でも、あなたはこう言うかもしれません。

この商品汚れているから安くしてよ

そうです。あなたが車の買い取りに来る査定にすきを与えないことです。相手も営業マンですから良い車を安くとまではいかなくても適正価格で買取りたいですから値上げ交渉は受けたくないですから、あなたの車が汚れている状況で買取価格をつりあげようとしても応じたくはないですよね

この状況を作らない為には1,000円もしないで洗車機にかけることが出来ますから査定前にチョット行って綺麗な状態で査定をしてもらって買取価格の交渉をしましょう。

相手はお客さん上から目線での交渉はしない

相手は貴方の車を買ってくれるお客さんです。そのお客さんに横柄な態度や上から目線で高く買取れぐらいの態度で交渉したら絶対に買取価格はでません。

だって営業マンは無理して高い金額で買取らなくてもいいからです。

無理して高い価格で買取りをしても上司の許可が下りない可能性がありますから安易な高額査定はでませんので横柄な態度をとるのでは無くてチョットしたことで買取価格を高くすることは可能です。

相手をオダテル

オダテルと言っても難しくは考えないでください『ガリバーさんは買取会社でTOP企業なんでしょう、すごいなぁ』ぐらいの感じで相手の心をくすぐる感じで話します。浸し身を込めて話しをしながら交渉をすると相手も載せられて限界ギリギリの価格がでますので貴方が出来る範囲での相手をオダテルことをすすめます。

深追いはしない

中古車の販売する相場が決まっているので車の買取価格には限界があります。

この限界を知らないで深追いしすぎるとせっかく築いた営業マンとの関係が崩れる可能性もあります。上でも書きましたが営業マンは買取らなくてもいいのですから、あまり無理を言うお客さんの場合は出来る金額でも出来ないと言ったり交渉が壊れしまう可能性もあります。

多くの人は車を売る時には1社だけに査定をお願いするのでは無くて数社の企業に査定を依頼をすると思いますから他の企業の買取相場を参考にどの金額が限界かを見る必要があります。例えば3社のきぎょに依頼して『A社 50万』『B社 60万』 『C社 65万』だったとしてます。

この中でC社が一番高い金額で、続いてB社が60万と2番目に高い査定金額をつけてくれていますので、このB社にもう少し高い査定金額が出るかを確認します。この時にC社を超える70万の査定金額がでたらB社に他の企業が高い査定金額を提示してきたと伝えて出た金額が限界の買取価格だと思います。

このやり方をして出た金額以上の交渉は厳しいと思いますのでこれ以上は無理な交渉はしないでソフトな交渉にしてオマケぐらいの買取金額が出るかを相談してください。

スポンサーリンク