中古車

中古車新車を買う人もいれば予算の関係で中古車を乗る人もいますよね、中古車の年間販売台数は景気に左右されることが多く、景気が悪いと中古車市場が賑わいますが逆に景気が良いと中古車市場は静かになって新車の販売台数がのびます。

その中でも車にあまり興味が無いのだが通勤や通学で車をもたないと生活できない人もいます。そういった人のなかでは新車を買うのはもったいないので中古車を買う人もいますが中古車の中には当たりハズレの場合もあります。

できれば購入した中古車で失敗したくないです。中古車の選び方から返品をする方法くるま選びよりも販売店選びが意外と重要だったりしますので、このサイト参考にしてください

スポンサーリンク

中古車の購入で失敗した経験談

  • 中古車の試乗をお願いしたら断われた
  • 車を売るだけでアフターがしてもらえなかった
  • 中古で買って半年でエンジンが調子がわるく修理費で同じぐらいの請求が来た
  • ネットを使った情報で中古車を購入したら画像にない部分が壊れていたり汚れていた

少し調べただけでもこれだけの失敗談もでてきています。たぶん細かな失敗談も合わせればもっと多くの失敗談があるかと思いますが中古車だから仕方がないと思ってガマンして乗っている人が多いのではないでしょうか

中古車の購入後に返品ができる

中古車を買って失敗したと思っても契約の解除もできずに我慢してローンが支払いが終わるまでガマンして乗った人も多いかと思いますが最近の中古車は返品ができる中古車販売店も出てきてきます。各中古車販売店によって車を返品できる条件が違いますがの各販売店に最終的には確認をしてください。

いぜんは車を購入すると返品はよほどのことが無い限りは返品することができませんでしたが最近では条件さえ合えば返品することが可能です。買った車が思うような感じではなかったと思った時はすぐに返品出来れば安心できます。

事故車以外にも注意したい中古車選び

最近は多くの販売店が事故車の取り扱いはしていないと宣伝していますが、事故車以上に大変なのがエンジンやシャフト、クラッチ系が一番大変だとおもいます。事故車は板金をして修理はして新しいパーツにはなっています。ただ負荷をかけて運転していた車の場合は見た目は綺麗でもエンジンやクラッチが故障している場合もあります。こういった故障の場合は数十万の修理費が必要になってくる場合もあります。

つまり中古車の販売価格が100万だとして修理費で20万かかって合計で120万の中古車になってしまいます。120万もかかったら中古車で無くて新車も買える値段になってしまします。

予算を少しでも安くしたいと思って購入しても逆に高い金額になってしまう場合もあります。先程も書きましたがエンジンやクラッチは外観からではわからないですから判断をするのが非常に厳しです。

ですが、中古車販売店選びから注意してすることで失敗する確率が少なくなります。

中古車選びは販売店選びから

多くの人が雑誌やネットを利用して予算にあった車を選ぶ人が多いですが販売店選びも重要です。なぜなら中古車を何処から仕入れるかが重要になってくるからで中古車販売店が利用する業者のオークションによってはエンジンの状態、足回り、シャフト、クラッチの状態を細かくランク付けしてオークションにかける業者があります。

つまり中古車選びで失敗しない購入の仕方ですが希望の車種で失敗する可能性が少ない車を探す訳ですから時間が物凄くかかります。ランクは良くても気に入ったカラーではないや全てが条件とピッタリだったのだが予算が合わなくて契約までは出来なかったなどの全ての条件のあった車を探すまでに時間が必要になります。

もう一つは大手の販売店がしている事なのですが保障制度です。車の購入時の状態によって保証期間や金額違いますが中古車の故障で可能性があるエンジン系やミッション系の修理日は数万~数十万という金額になってしまうこともありますが保証プランに申し込んでおくことで安心して故障にも対応できます。

失敗しない中古車の探し方

ここで重要なのが中古車も大切ですが、もっと重要なのが上でも書いたお店を信用できるかがポイントです。お店によっては事故車やメーターを戻した車、ニコイチみたいな車を平気で売る販売店もあります。

これは貴方の5感がたよりな感じもしますが安心して車の取引をしたいですから車を選ぶ前にお店の従業員の対応や雰囲気にも注意を払ってください。酷いところになると車の販売に関しては積極的にしているのですがアフターの車の点検や車検、故障に関しては他のお店を紹介される場合もあります。

中古車はできることならディラーや大手の中古車販売店や知人の口コミなどから販売店に足を運んで車を探していることを伝えてオークション等で探してもらうほうが多少は安心して車を探すことができます。

そして車の選び方ですが何点かのチェックして頂きたいポイントがあります。このポイントを全部クリアーしたからと言っても絶対に故障は起きないという訳では無いので注意してください

  • 試乗をさせてくれる事
  • エンジンをかけて暖房を入れた焦げ臭い臭いがしないこと
  • しばらくエンジンをかけたり試乗したりしてから車の下をみてオイル系が漏れていないこと
  • 試乗後にボンネットを開けてオイルが漏れていないこと
  • 冷暖房が効く事
  • 車にあたる光の加減で車のカラーが同じであるかを確認して色が多少でも違う場合は事故車の可能性もあります
  • トランクやボンネットを開けて変な場所に溶接の跡が無いかを確認する事
  • ボンネットを開けて全てのネジの色が同じであるかを確認する事、例えばボルトの色が何本か違う場合は事故をして新しいボルトにした可能性があります
  • 室内のシートよごれや切れていないかを確認すること
  • 軽自動車の10万キロ以上走行車はエンジンに負担がかかっている可能性があるので注意
  • 年式が古い割には相応距離が少ない場合はメーターを戻している場合もあり(車の平均的な走行距離は1年で1万キロと言われています。)
  • 販売店の担当が信用できるかを確認する事

簡単ですが以上が車を購入するときの注意点です。プロの査定員から見ればもっと多くの注意点があるのでしょうが、あまりにも多くても基準が解らないですし車の販売店もあまり相手にしたくないお客さんになってしまいますから注意してください。

 

 

 

 

スポンサーリンク