車のローン

車を手放すときって車を買いかえる人が多いと思いますが、何かしらの理由があってローンがあるのに車を売らなくてはいけない場合があります。そんなローンがあるときに売る時に何点か注意したほうが良い事があります

車のローンが残っている場合は車の所有者がクレジット会社になっていることが多いので、所有者が違うためにローンが残っている状態で車を売ることは出来ませんのでローン残債を終わらせてから名義変更をして車を売るようにしてください

そのため車のローンをどこで組むかも重要になってきますので色々な手間を考えるとディーラーが扱っているローン会社を利用するほうが良いでしょう

スポンサーリンク

ローン残があるのに車を売る方法

車を売る方法は何点かあるのですが、車のローンが何かしらの理由で支払えなくなってしまった場合にはローン会社に連絡して車を売却して売価したお金をローン会社に支払い残りの残金を一括で支払うか新たにローンを組み直すとうで支払うやり方、次に新車を購入する人には前の車の残金を新しい車のローンに乗せて新しい車を購入する方法があります

車のローン残があって愛車を売却するのは思っている以上に手間がかかります、お金に余裕があればローン残金を一括で支払って車を手放す方が良いのでしょうがみんながみんなそれだけの余裕があるかと言われると、お金に余裕があるようなら最初からローンを組まないで1括で車を購入していると思います

車を手放す人の多くは新しい車を購入するときに今乗っている車を手放します。この時に同じメーカーの車で同じ車種でも良いですし違う車種でもいいのですが同じメーカーに乗り換えると手間が簡単に済みます

 

 

 

スポンサーリンク