no

車のローンの名義変更多くの人が車の支払いでローンを使っていると思いますが。このローン中の名義は貴方の名義ではありません、車検書を見ると書かれているのですが所有者の名前が貴方の名前でなく買ったお店の名前になっています。これはローンを支払い終えるまで、または残金を清算するまでは所有者欄に書かれている人の車です。

なぜこのような所有者名義になっているかというと、もしローンの支払いが滞ったり回収が不可能のになっても名義が信販会社になっていれば車を保有できるので持ち主がかってに車を売却しようとしても売ることはできませんし車を回収することもできますのでローンが終わるまでは所有者を信販会社が所有してます。

トヨタで言えばトヨタファイナンスが信販会社にあたりトヨタの新車、中古車を購入してローンを組んだ場合はトヨタの信販会社を利用する人が多いのですが上記の所有者をトヨタで書き出すとトヨタファイナンスが所有者名義になっています。

スポンサーリンク

車のローンが支払い終わったら名義変更(所有権解除)をしたほうが後が楽です。

理由は意外と簡単で、そのままの状態では車を売ったり廃車にすることが出来ないからです。車には所有者と使用者がありローンを組んでいる人の多くが使用者の欄に貴方の名前で所有者にローン会社の名前が書かれていますが車を売ったりするときには、この所有者の印鑑が必要になります。今回の場合のように車のローンが支払い終わっている場合は正式には所有者の名義では無いので貴方の名義に変更してからでなくては売ることも譲ることも、廃車にすることもできません。

名義変更をするタイミング

ローンの支払いが終わったらすぐに変更の手続きをするのも良いですが、近いうちに売ったり譲ったりする予定が無ければ車検の時に名義変更をする人が多いです。何故、車検の時にするかと言うと書類が多いので車検の時にディラーなどで手続きをしてもらった方が簡単です、簡単だからなのかもしれませんが手続きには人が動きますので料金が発生します。この料金はディラーなどによって違うのですが数千円~数万円かかると言われています。(いちようは個人でも出来るようですが書類が多いので手間です)

用意する書類

  • 自動車納税証明書
  • 委任状
  • 印鑑証明書
  • 車検証のコピー
  • 納税証明書
  • 承諾書
  • 完済証明書

用意する書類はこれだけなのですが、これを信販会社とやり取りして名義変更をしてください

車のローン支払い中に売却する方法

例えば車のローンを5年で組んで3年を経過したときに、違う車が必要になって買い替える時は所有者が信販会社になっていますから信販会社に連絡をして車を売却することを伝えると次の3つのどれにするかの選択をされます。

  • 車のローン残を現金で支払う
  • 車の売却金額で残りのローンを完済する
  • 残りのローンをあらためてローンを組む

本当は車を売却したお金で残りのローンを支払うか、残を現金で一括返済をするかが一番良い返済のしかただとおもいます。一番厳しいのは残りのローンを新しく組む方法で、この場合は新しく違う車を買った場合は2重のローンになってしまうので毎月車のローンに追われる可能性がありますので注意が必要です。

また残っているローンを新しく組んで違う車のローンを新しく組もうとした場合は、次に購入する車の金額によっては信販会社の審査で落ちる可能性も出てきますので慎重に手続きをするかディラーに相談しながら進めるようにしましょう

 

スポンサーリンク