no

事故車を売却色々な状況の中で車を売る時に思わないことで車のローンが残った状況で新しい車を購入しなくてはならない時があります。例えば事故をしてしまった時などは保険会社からの一定のお金は出るかもしれませんが次に乗る車の全額が出るわけではありませんので次の車もローンで組む場合があります。この時に注意しなくてはいけないのがどれでかのローンが残って次に買う車の金額がいくらになるかも重要です。

なぜなら、この車が欲しいと思っても信販会社の審査を通過しないと車を買うことはできませんから予算をよく理解して審査に通す必要があります。

 

スポンサーリンク

審査が通りやすい金額

なるべくでしたら車の審査は1回で通したいですよね、この車なら審査に通る?この車がダメならこの車で審査を通してみる?などと何回もやっていると審査が会社に怪しく思われるかもしれません、これを防ぐにはある程度の目安の金額を決めて審査に申し込む方が安全です。では、どのぐらいの金額が目安かと言うと年収の半分の金額が購入のめやすと考えてください、例えば

年収が400万だとして、ローン残が100万で次に乗りたい車の車体価格が200万だとしたら300万のローンになります、しかも100万のローンの月々払いに上乗せですから金額的には大きな金額になってきます。そのために次に乗りたい車は100万ぐらいの予算で考えたほうが審査にも通りやすくなりますし2重ローンで支払ってもそれほど負担になることは無いと思います。

審査を通すためのワンポイント

もし今までのっていた車がA社の車だとします。この車が思いもよらないことで乗ることが出来なくなってしまった場合に次の車の選定をしますが、この時にディラーの信販会社を使ている人はなるべくでしたら同じディラーから車を購入して同じ信販会社を利用することで、なぜこの人はローンが残っているのに同じ名前で車を買うのだろうという疑いがなくなります。

年収が1千万を超えていて車を何台も所有する人ならローンを3重でくんでも疑われることは少ないと思いますが年収が平均的な場合は審査が厳しくなりますので注意したほうが良いかもしれません。

ローン残+次のローンと年収でディラー、信販会社と相談して車のローンをどのように売るかを考えると良いかもしれません

事故車を売るには

もしもが事故の場合、事故車を廃車にしてしまうのも良いのですがもしかするとローン残を減額できる金額でくるまを売却できるかもしれません、事故をした車を海外に持ち込んで現地で安く修理をして海外の売却先をさがす企業もあります。こういった企業に目が留まれば廃車にして鉄くずとして処分した場合は200万の車であろうと300万の車であろうとも手元に残る金額は数万です。

ですが、事故車でも買取をしてもらえれば車種や事故状況によっては数十万の値段がつく事はざらです。もし少しでも高く売却したい場合はこういった企業を利用するのも良いかもしれません

 

 

 

スポンサーリンク