no

車を売る人のほとんどが新しい車に乗り換えるために現在の車を売却しています

多くの人が車を売ったお金を新車の頭金にしているのに車を高く売るための交渉をしていないので、ちょっとの時間をうまく使うことで高い査定金額をもらうことが出来ますので値引き交渉と同じぐらい重要ですので交渉してください

新車の値引き交渉は相場を知ることと値引きがされやすいタイミングで交渉する事が1番重要です

ここを知らないで値引き交渉するのと知って交渉するのでは全然違ってきます

スポンサーリンク

新車の値引き相場

新車で車を買うときに気になるのは値引き金額が何処までしてもらえるのだろうかと考えますよね、上でも書きましたが何も知らないで値引き交渉をするのは効率が悪いので相場と限界値引きを知っておけば交渉がしやすく話がまとまるのが早いです

値引き相場ですが10%引かれれば限界値引きと考えてください、一般的には8%ぐらいが平均的な相場で注意して頂きたいのがメーカーや車種によって値引率は違ってきます

人気の軽自動車などは5%程度と考えたほうが良いかと思います

新車の値引き交渉

強引な値引き交渉は禁物で相手はプロの営業マンですから無理な値引率で売ることはしません、そのため相手の出方を見ながら交渉するようにした方がいいです

例えば値引きはどのぐらい出来ますかと確認して軽自動車以外で5%ぐらいの値引き率だったら単独の交渉は難しいのでライバル車種の値引き額や同じメーカーの同じぐらいの車種で販売店が別の車やご自宅や職場が隣県に近い場合など、例えば埼玉県に住んでいて東京に仕事に行っている人や自宅から10分で東京に行けるなどの条件がある人は他県で見積もりをもらって競争させるようにしましょう

新車の値引きタイミング

新車の値引きをさせるには上で書いた交渉する方法にプラスして重要なのが交渉をするタイミング、これは電化製品を買うときも同じですが値引きをしてでも売りたい時期に買うことです

これは買い手のタイミングとしてボーナスシーズン、売り手のタイミングとして決算月などが値引き交渉がしやすいと言われています

この時期は同一県内の他店舗へも積極的に天秤にかけて値引き交渉をしていきましょう、理由はAの店舗ではノルマをクリアーしている状況で無理に値引きをしませんがBの店舗ではまだクリアーをしていない場合ではBの店舗のほうが値引きがしやすくなりますので値引き交渉を渋るようでしたら他の店舗に行って交渉しましょう、決算月は短期決戦ですから長々と交渉していると値引きの時期を過ぎてしまう可能性もありますから値引きで渋るようでしたら他の店舗に行って見ましょう、以外と簡単に値引きをしてくれる可能性もあります

新車値引きよりも重要な価格交渉

車を買うときに多くの人が一生懸命やるのが値引き交渉ですが、そのぐらい重要なのが車を売る金額で一番安い金額と高い金額では数十万と違ってきますから売却さきを検討する事も重要です

そして注意してもらいたいのが上で値引き交渉をしていく上で営業マンが現在のっている車を下取りさせてくださいと言ってきますが下取りと1括査定などを利用して車を売却した場合の金額差は1括査定などを利用して車を売却したほうが10万以上高くなる場合もあります

また営業マンが下取りをして買取りをした車を1括査定や買取店に売却して値引き金額の補填にする事もありますので値引きに目をとられ過ぎないようにしてください

1番いい方法は値引きは上のやり方でタイミングと競争対象になる車を用意してもらい少しでも値引率をあげてもらえるように交渉しましょう、車の売却については下取りで出すのがダメとは言いませんが1括査定などを利用して車の売却相場を調べてあなたが納得できる金額で下取りをしてもらえるように交渉するのも良いです

ただ多いのは値引きは値引きでメーカーと交渉して車の売却は1括査定をりようしての車の売却をしている人が多いです

スポンサーリンク